2010年10月11日

【J特】ナビスコ磐田戦(2nd Leg)


負けました。
悔しいけどそれが現実。
タイトルに対する強い気持ちを持っていたはずなのに、相手の気迫に押されていた。
それでも1戦目の勝利を生かして粘るかと期待したけど、ほんの一瞬の緩みを突かれてしまった。

ジュビロの戦術は1戦目とさほど変わらないように見えたが、よりサイドでの数的優位をつくろうという意識がうかがえた。
また那須が効果的に前線に顔を出し、フロンターレのDFに圧力をかけた。
フロンターレは最後のところでジウシーニョや成岡、西をつぶしてチャンスの芽を摘んでいたし、稲本が献身的に2列目の飛び出しに対応してくれていた。
流れを左右したのは選手交代。
ジュビロが攻撃的にシフトし、両サイドを上げ、3-4-3のような布陣に変えた。
ほぼ同じタイミングでフロンターレは稲本と田坂を下げて楠神と谷口を入れた。
この交代自体は間違っていないと思うが、これまで守備で貢献していた稲本、田坂の役割を楠神、谷口では務めることができなかった。
1-1で先に点を取ればそこで試合は終わったかもしれない。
しかし残り15分ほどあった。
そこでギャンブルを仕掛ける必要があったのか。
手薄になった横山の脇と菊地、森の間を山崎に突破されて失点。
これで意気消沈してしまった。

憲剛の不在は理由にすまい。
代わりに田坂がよくがんばっていた。
タラレバをいったらきりがないが、田坂が前半怪我をしなければ、田坂の交代はなかっただろう。
そうすれば田坂を3列目に下げて楠神(谷口)を2列目にすることでボランチを2枚のままで戦えたかもしれない。
そうすれば失点は防げたかもしれない。
まあ結果論である。

今日の楠神にはがっかりした。
ちょっと気負っていたかもしれない。
しかし持ち味がまったく見せられなかった。
ドリブルにも切れがないし、他の選手との距離がありすぎてパスで崩すこともできなかった。
守備では相手との間合いが広すぎて、まったくプレッシャーを与えられない。
体を寄せて奪い取ってショートカウンター、という場面でも間合いを詰められず余裕でロングパスを許す始末。
あれだけ守備ができないと先発出場ができないのも無理はない。
これも経験。しっかり精進してほしい。

憲剛の代えは田坂が務まるが、田坂の代えはいない。それが選手層。
補強をせずとも若手が育っている、そう編成も監督も嘯くが、短期決戦での大一番で、やはり選手層の薄さが露呈した。
まだまだ天皇杯、リーグ戦が続く。
ベストメンバーで戦い続けざるを得ないが、サブの戦力アップも図ってほしい。
ワンパターンの選手交代では相手に脅威を与えない。
まだまだ真に強いチームにはなっていないのだから、さまざまな策と強い気持ちで、挑戦者の気持ちを忘れずに戦ってほしい。
posted by Ryuji at 00:54| 大分 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

もっとつれづれなるままに

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。