2010年10月03日

イッセー尾形&小松政夫

今日は北九州芸術劇場で催されたイッセー尾形と小松政夫の二人芝居を観てきました。
ここ数年北九州で公演していたようですが、タイミングがようやく合って念願の観劇という次第。
スタイルはイッセー尾形の一人芝居と同じで、先の読めないヒヤヒヤした展開。
イッセーに促されるようにして小松政夫がアドリブ全開。
このコンビは20年ぐらい前からセッションしてたけど、2006年にNHK福岡で放送した『イッセー尾形の「たった二人の人生ドラマ」』でのアドリブドラマが秀逸だった。
(他にもイッセー&大泉洋とかイッセー&石田ゆり子とか「スジナシ」ドラマで面白かったなあ。)
さすがに70年代の切れはないけど、自由に遊んでいてなかなか味がありました。
小松の大親分にはもっとハジけてもらったらもっと盛り上がったかも。
あとネタが60歳代じゃないとわからないのも多かったなあ。
僕でもギリだったし。
11月にはイムズでイッセー尾形の一人芝居もあるし、そちらも楽しみ。
posted by Ryuji at 23:40| 大分 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

もっとつれづれなるままに

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。