2010年10月30日

【J特】磐田戦


ナビスコの悔しさを晴らそうと思ってたのはサポーターだけかもしれない。
台風接近の影響で風雨強く、集中しづらい状況だったかもしれないが、相手も同じこと。
動きも気迫もジュビロの方が上回っていた。
それでも前半は風上だったので押しているように見えたが、その有利な状況を生かせない。
案の定後半風下になるとバタバタして失点した。
田坂が上がってクロスを上げるようになってからチャンスが作れるようになって、憲剛の素晴らしい縦パスから矢島のゴールが生まれたけど、失点してからエンジンがかかるのは情けない。
今日のような風の強い日は相手だって守りづらいのだから、早めにクロスを入れればいいのに、足元ばかりで、挙げ句に濡れた芝に足をとられてボールを失う始末。
状況判断すらできずに、晴れの時と同じプレーしかできない。
要するに頭が悪いのだ。
采配うんぬんではなく、相手の状態や天候、ピッチコンディションなどによって最もふさわしい戦い方をすべきなのに、決められたことしかできない。
今日も憲剛がいなかったら無得点だったろうし、残り試合全勝とか言いながらちっとも気持ちが伝わってこない。
ACLすら遠のくね。

むしろ落ちるところまで落ちて、メンバーもとっかえて新しいフロンターレを目指した方がいいのかもしれない。
今日だってジュビロの選手は強いパスをしっかり足元でトラップしていたし、ワンツーで崩せていた。
一人一人の技能も相手が上だった。
まあジュビロもミスは多かったし、助けられた部分はある。
それにしてもフロンターレは狙いはわかるがプレーの精度が低くボールを失うことが多かった。
フリーなのにワンタッチにこだわりすぎて、慌てている場面も多く見られた。
最後のプレーは象徴的だった。
あのフリーな場面で枠にすら飛ばせないのは、技術うんぬんではなくメンタルの問題。

もう次に向かって切り替えるなんて言い訳しないでほしい。
シーズン中盤ならともかく、もう一試合も無駄にできない。
しくじったならトコトン反省し、同じ過ちを犯さないでほしい。
技術が足りないのなら練習すればいい。
でも戦う気持ちは練習じゃ身につかない。
単なる仲良し集団から一歩踏み出して、ピッチで闘志をむき出しにして戦ってほしい。
次の京都戦。相手は死にもの狂いで向かってくる。
ならば完膚なきまでに叩き潰してほしい。
この前の大宮戦のようなことは真っ平御免だ。
posted by Ryuji at 18:59| 大分 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月16日

【J特】山形戦


月に一度の体力的にハードな研修だったので、自宅に戻ってからビデオ観戦。
内容的には完勝でしたね。
天皇杯の疲れもあったし、立ち上がりそこを相手に突かれたけど、相手のミスに助けられて、そこからは試合を支配。
山形のほうが気負いすぎていたのか動きがかえって悪くなっちゃったね。
ジュニのミドルも憲剛のカーブを効かせたゴールも見事でしたが、時間帯もよかった。
そうそう伊藤宏樹のアシストも珍しいので触れておきましょう。
両サイドも気合が入っていたし、稲本の危機察知能力もフルに発揮されてよかった。
何よりチーム全体がここ2試合のふがいない試合、等々力でスッキリ気持ちのいい試合ができていない鬱憤を自ら晴らしたというところ。
もうリーグ戦は全勝するしかないのだけど、今日の気持ちを忘れずに次のアウェイ大宮戦を戦おう。
NACK5を鬼門といって嫌がってはいけないよ。
あと山形とは11/17に天皇杯でも戦うけど、トーナメントだから油断せずに気を引き締めて戦おう。
posted by Ryuji at 23:11| 大分 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月11日

【J特】ナビスコ磐田戦(2nd Leg)


負けました。
悔しいけどそれが現実。
タイトルに対する強い気持ちを持っていたはずなのに、相手の気迫に押されていた。
それでも1戦目の勝利を生かして粘るかと期待したけど、ほんの一瞬の緩みを突かれてしまった。

ジュビロの戦術は1戦目とさほど変わらないように見えたが、よりサイドでの数的優位をつくろうという意識がうかがえた。
また那須が効果的に前線に顔を出し、フロンターレのDFに圧力をかけた。
フロンターレは最後のところでジウシーニョや成岡、西をつぶしてチャンスの芽を摘んでいたし、稲本が献身的に2列目の飛び出しに対応してくれていた。
流れを左右したのは選手交代。
ジュビロが攻撃的にシフトし、両サイドを上げ、3-4-3のような布陣に変えた。
ほぼ同じタイミングでフロンターレは稲本と田坂を下げて楠神と谷口を入れた。
この交代自体は間違っていないと思うが、これまで守備で貢献していた稲本、田坂の役割を楠神、谷口では務めることができなかった。
1-1で先に点を取ればそこで試合は終わったかもしれない。
しかし残り15分ほどあった。
そこでギャンブルを仕掛ける必要があったのか。
手薄になった横山の脇と菊地、森の間を山崎に突破されて失点。
これで意気消沈してしまった。

憲剛の不在は理由にすまい。
代わりに田坂がよくがんばっていた。
タラレバをいったらきりがないが、田坂が前半怪我をしなければ、田坂の交代はなかっただろう。
そうすれば田坂を3列目に下げて楠神(谷口)を2列目にすることでボランチを2枚のままで戦えたかもしれない。
そうすれば失点は防げたかもしれない。
まあ結果論である。

今日の楠神にはがっかりした。
ちょっと気負っていたかもしれない。
しかし持ち味がまったく見せられなかった。
ドリブルにも切れがないし、他の選手との距離がありすぎてパスで崩すこともできなかった。
守備では相手との間合いが広すぎて、まったくプレッシャーを与えられない。
体を寄せて奪い取ってショートカウンター、という場面でも間合いを詰められず余裕でロングパスを許す始末。
あれだけ守備ができないと先発出場ができないのも無理はない。
これも経験。しっかり精進してほしい。

憲剛の代えは田坂が務まるが、田坂の代えはいない。それが選手層。
補強をせずとも若手が育っている、そう編成も監督も嘯くが、短期決戦での大一番で、やはり選手層の薄さが露呈した。
まだまだ天皇杯、リーグ戦が続く。
ベストメンバーで戦い続けざるを得ないが、サブの戦力アップも図ってほしい。
ワンパターンの選手交代では相手に脅威を与えない。
まだまだ真に強いチームにはなっていないのだから、さまざまな策と強い気持ちで、挑戦者の気持ちを忘れずに戦ってほしい。
posted by Ryuji at 00:54| 大分 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月03日

イッセー尾形&小松政夫

今日は北九州芸術劇場で催されたイッセー尾形と小松政夫の二人芝居を観てきました。
ここ数年北九州で公演していたようですが、タイミングがようやく合って念願の観劇という次第。
スタイルはイッセー尾形の一人芝居と同じで、先の読めないヒヤヒヤした展開。
イッセーに促されるようにして小松政夫がアドリブ全開。
このコンビは20年ぐらい前からセッションしてたけど、2006年にNHK福岡で放送した『イッセー尾形の「たった二人の人生ドラマ」』でのアドリブドラマが秀逸だった。
(他にもイッセー&大泉洋とかイッセー&石田ゆり子とか「スジナシ」ドラマで面白かったなあ。)
さすがに70年代の切れはないけど、自由に遊んでいてなかなか味がありました。
小松の大親分にはもっとハジけてもらったらもっと盛り上がったかも。
あとネタが60歳代じゃないとわからないのも多かったなあ。
僕でもギリだったし。
11月にはイムズでイッセー尾形の一人芝居もあるし、そちらも楽しみ。
posted by Ryuji at 23:40| 大分 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もっとつれづれなるままに

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。